『アンフェア the answer』おすすめのみどころポイント

あなたに伝えたい私の心の名作として『アンフェア the answer』をご紹介したいと思います。こちらのコーナーは、執筆者の心に残る作品を読者のかたにシェアするというコンセプトですので、割合ネタバレが多くても大丈夫なかただけ、この先をお読みください。

『アンフェア the answer』 人気ドラマの映画シリーズ第2弾の作品です。第1弾アンフェア the movieの内容を引き継いだ作品となっているので、まずは第1弾を観てからご覧になることをお勧めします。

0331-101アンフェア the answer パッケージ

1-1.『アンフェア the answer』 前作から続く内容

豊洲警察病占拠テロ事件後、功績とは裏腹に職を追われた雪平夏見捜査官は、北海道の東紋別署で東京とはまた違ったスローな警察職をこなしていました。

その頃東京ではネイルガンを使った連続殺人事件が発生中。この事件の容疑者となったものが次の被害者になるという不可解な事件で、次に容疑者として浮上したのは雪平の元夫 佐藤和夫でした。

見どころポイント1

北海道の真っ白な雪の中に、黒のロングコートを羽織って颯爽と歩く雪平の姿はとても綺麗。東京ではありえなかった、カントリー調の雪平の住まいにも注目です。雪平と恋仲にある北海道の東紋別署の上司 一条とのラブシーンにも注目です。

1-2.『アンフェア the answer』 元夫婦を取り巻く危機

雪平は佐藤と再会することを決意。佐藤は前々から探っていたという内容(雪平が極秘に捜査中の国家機密裏情報)の入ったUSBデータを雪平に託します。その翌日、佐藤は何者かによって殺され、あろうことか雪平に容疑がかかり逮捕、取り調べを受けます。

雪平は東京地検からやってきた検察官村上を人質に逃走をはかります。途中村上の手助けを得ながら、雪平はネイルガン連続殺人の真相探り・佐藤の無念を晴らすべく東京へ。

ネイルガンの連続殺人犯は、遺体から血を綺麗に抜き取り遺体をアートのように扱い、いかに綺麗に見せるかを徹底させていました。検挙率ナンバーワンを誇っていた雪平の捜査によりネイルガンの連続殺人犯 結城を特定し、捜査のため結城の家へ忍び込む雪平。

結城の外出時を狙って単独結城宅へ捜査へ入った雪平でしたが、捜査中に結城が帰宅…。結城の目を盗んで裏口までたどり着いた雪平ですが、ドアにはいくつもの南京錠が…。 0331-103アンフェア the answer 雪平逮捕

見どころポイント2

結城の家で雪平が存在がバレないようにと、息を殺すシーンはこちらも息を止めてしまうほどの緊迫感。結城の家の気持ち悪さが、緊迫感に拍車をかけます。キッチンで結城が何やら調理(鳥の血抜き?)をしているさまも気持ちが悪い…。“グロ注意”とまではいきませんが、そのあたりのタイプが苦手な方は、このシーンご注意ください。

1-3.『アンフェア the answer』 犯人の手中にありながらも負けない雪平

結城に軟禁拘束され暴行を受ける雪平、足にはネイルガンを打ち込まれます。

そんな状況下でもたくましい雪平は、「佐藤の写真だけ貴方の家になかったし、佐藤の遺体だけは美しくなかった。あの事件はあなたが起こしたものではないはずだ、模倣犯を一緒に特定しないか?」と交渉をもちかけます。

結城はそれを承諾。雪平には、模倣犯の目星がついていたので、模倣犯をおびき出すべく結城の力を借ります。佐藤殺しの犯人は、北海道の東紋別署で雪平の上司・恋仲にあった一条。

1-4.『アンフェア the answer』 まさかの敵

一条を追いつめ自白させることに成功した雪平は、一条を逮捕。逮捕に協力した交換条件として今回だけは結城を見逃すこととします。

雪平が佐藤から受け取っていたUSBは、事件のさなか村上の手に渡ってしまいますが、USB内に保存されたデータを開こうとした時点で、雪平が村上の携帯に電話をかけ、佐藤がUSBに仕掛けておいた起爆装置に反応しPCがショート。オリジナルのデータは完全に破壊され、この世で国家機密裏データを持っているのは雪平のみという状態になります。

この時点で判明しますが、一条の上司は村上。一警察官と一検察官という設定で話が進んできましたが、彼らも雪平にとっては敵だったのです。

0331-102アンフェア the answer 実は仲間

見どころポイント3

USBに佐藤が仕掛けた起爆装置の仕掛けは、雪平を守るためのものでした。USBを雪平に託した佐藤は、「いずれは雪平が狙われ、一度はUSBは奪われてしまうかもしれない。」というところまで考えていたのですね。佐藤と雪平は離婚していたものの、最後までお互いのことを信頼し大事に思いあっていたように思います。

2.私にヒットした理由

ドラマ時代からこの作品のファンだったから、というのが大きな理由ですね。毎週楽しみに放送時間を待ってしまうような番組でした。これからこの映画をご覧になる方には、アンフェア the movieからご覧いただきたいのは勿論のこと、時間が許すならばドラマ編から観て頂きたいです。

また、仲間だと思っていた人が敵であったり、敵であった人が仲間となってくれたり。二転三転していく人間関係が、ハラハラとさせ最後まで飽きることなく観られるアンフェアならではの醍醐味だと思います。

3.こんな人におすすめ!

無類のアンフェアファンを始めとし、日本ミステリー・刑事ものの世界観でドキドキしたい・豪華キャストにワクワクしたい方におすすめです。

また、この作品の中で佐藤から雪平らが預かったUSBをめぐり、アンフェアthe endがアンフェアシリーズ終作として登場します。国家機密・裏社会系統の話がお好きな方にもおすすめです。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ