悪役なのに愛されキャラ?映画の名悪役8人

悪役というのは、映画の中の隠し味、またはスパイスのような存在です。一番目立つ主人公の引き立て役に徹していて、その悪役がいなければ主人公の輝きが半減してしまいます。

悪役が素晴らしいからこそ成功した映画も数多く、悪役の出来が映画そのものの出来を決めると言っても良いでしょう。

名作に必ず名悪役あり。

というわけで、悪役なのに愛されるキャラクターをまとめてみました。

1.ドラコ・マルフォイ(ハリーポッター)

主人公ハリーポッターとはライバルの関係にある魔法使いです。とてもプライドが高く、気に入らない者は容赦なく潰すという典型的な悪役キャラ。

高潔でない者を軽蔑する孤高な存在ですが、物語が進行するごとに社会性を身につけ、犬猿の仲であるハリー、ハーマイオニーなどに不本意ながらも軽く挨拶するようになり、その居心地の悪そうな表情に心の奥底が垣間見えます。

本人の中で、プライドと社会性がせめぎ合っている様子が絶妙です。

0212-101

2.フェイギン(オリバー!)

「オリバーツイスト」という小説を原作に映像化されたイギリスのミュージカル映画「オリバー!」に登場するスリ集団のリーダーです。

家出同然で行き場を失った子供にスリを仕込む悪人ですが、慈善活動で子供たちに形だけの支援をして自己満足している大人たちと違って、スリという犯罪を通じてですが生きる術を教えてくれます。

0212-103

3.ジャック・ウォルシュ(ミッドナイト・ラン)

かつてはシカゴで警察官を務めていたものの、仲間の裏切りにあって独り者となり、ロスで暮らしている賞金稼ぎです。過去の裏切りから世の中と折り合えず、孤独な生活を送っています。

保釈された後で逃亡した被告人を追って連れ戻す生業で出会った逃亡者の会計士、ジョナサンと出会い、優しさに触れることで徐々に人としての心を取り戻していきます。

あぁ、ジャックは元々こんなにいい人だったんだと思えるので、ほっこりした気分にさせてくれます。

0212-104

4.ドーラ船長(天空の城ラピュタ)

ジブリには有名なキャラクターが多数存在していますが、その中には秀逸な悪役キャラが多数登場します。初期のジブリ作品で強烈な悪役キャラとして知られている人として、ドーラ船長は外せません。

ラピュタの財宝を追うドーラ一家を率いて軍隊と正面からやり合い、シータとパズーを乗船させてくれるもひねくれた性格のせいで愛情をうまく表現できません。

ラストシーンでシータをしっかりと抱きしめるシーンで、初めてドーラ船長の母という姿を見せてくれます。

0212-105

5.ドナルド・カーチス(紅の豚)

ジブリ作品に多数登場する名悪役の中で、この「アメリカ野郎」が印象深いという方も多いでしょう。

空の海賊が雇った用心棒として主人公のマルコとは宿命のライバル関係。アメリカ出身でアメリカ製の飛行機を操っていることから「アメリカ野郎」と呼ばれていますが、腕前はマルコも認めるところです。

ドナルド自身の弁によると、飛行機に乗って用心棒をすることも、その後アメリカで俳優になったことも、全て大統領になるために必要な過程なのだとか。

0212-111

6.ヨディ(欲望の翼)

香港映画「欲望の翼」に主演している、香港の名優レスリー・チャンが演じるヨディは言葉を巧みに操って女心をつかみ、奔放な関係を持つチャラ男です。そこから繰り出す言葉は、どれも憎いほど素敵でヨディが口説いていた女性、スーもその虜になっていきます。

やがて関係を持ち、スーはヨディとの結婚を熱望するも、ヨディにとってはただの遊びにすぎません。

口の達者なチャラ男は現実にもたくさんいますが、ヨディの言葉はひとつひとつに奥深さや豊かさを感じさせます。

0212-112

 7.ハンニバル・レクター(羊たちの沈黙)

レクター教授とも呼ばれるハンニバル・レクターは、「羊たちの沈黙」以外にも同じ原作者の作品に多く登場します。

冷酷で頭脳明晰、しかもサイコパスという異常性を併せ持っているキャラクターは、観る人を恐怖のどん底に陥れてくれました。

良家に生まれて教育を受けて育ったものの、少年期に実家が没落、孤児院での生活も経験した彼は社会に対する復讐心と、元から持っていたサイコパスとしての異常性を犯罪の形で発揮します。

精神科医という立場を利用した巧妙な殺人や、人間の臓器を食べるという猟奇性を持ちながら、ゲーム感覚で追っ手を手玉に取る姿に独特の魅力を感じた人も多いはずです。アメリカの映画界では名悪役として1位に輝いたこともあります。

0212-109

8.シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム・逆襲のシャア)

あまりにも有名なアニメ大作、「機動戦士ガンダム」に登場する敵方の二枚目キャラクターです。ガンダムのことをよく知らなくても、顔と名前が一致する人は多いと思います。

ガンダムが開いた新境地は、自軍だけでなく敵軍にも正義や大義があって、それが衝突するのが戦争だというメッセージです。

主人公であるアムロと同様、シャアにもそれぞれの立場での正義があります。シャアが語る正義にも一理あると感じる人も多く、固定ファンも多いですね。

0212-115

●プロライターによる特選記事 関連ページ

・「寒い夜におすすめ!身も心もほっこりする感動映画9選

・「ディズニー映画おさらい、あなたの一番好きな映画はどれ?

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ