世界が絶賛!映画オペラ座の怪人

【原作について】
オペラ座の怪人は、1909年にフランスのガストン・ルルーによって発表された小説です。これを原作として、多数の映画・ミュージカル・TV番組が生み出されました。
本記事では、世界的に有名な一作と言っても過言ではない、映画 オペラ座の怪人についてお伝えします。

 

【あらすじ】
19世紀、パリのオペラ座に住む謎の男 ファントムと、その男に見初められた歌姫のクリスティーヌの物語。怪事件が多発するが、これはクリスティーヌをプリマドンナにしたいと思っているファントムの仕業であった…。

1230-08

【見どころ】
セリフのほとんどが、歌唱で進みます。これは他の映画には観られない、オペラ座の怪人ならではの見どころです。オペラの歌詞は、インターネット上で観ることができます。映画を観ながら一緒に口ずさんでみても、楽しいのではないでしょうか。

【小説との違い】
映画 オペラ座の怪人は、小説とは異なり登場人物を必要最低限に抑えています。それ以外は、基本的に小説に忠実に沿った映画です。小説と異なり、人々が動き声を発する様は我々にさらに深い感動を与えてくれます。

1230-13

【映画 オペラ座の怪人は1つではない】
オペラ座の怪人は世界的に有名な一作と前述しましたが、実はオペラ座の怪人は何作もあるのです。ストーリーは大体どれも同じですが、映画が作成された年代・場所によって少しずつ描写が異なります。なかには、ファントムが三角関係に加わる作品もったり…?!

【ジャンル分け】
ここまで読んでくださった方、オペラ座の怪人は映画的に、どんなジャンルに分けられると思いますか?怪事件が起こるから、サスペンスやホラー?舞台調に進むから、ミュージカル?ファントムの恋模様からしたら、ロマンス映画?
そう、映画 オペラ座の怪人はさまざまなジャンルに加わることができるのです。何の映画を観ようか迷ったときにも、おすすめ。

1230-09

【ちょっとした裏話】
映画 オペラ座の怪人のちょっとした裏話ですが、世界中でヒットしたといってもその興行収入のうちの3分の1は、日本からのものだそうです。日本人は、オペラ座の怪人が大好きなよう。まだ観たことがないという方、是非オペラ座の怪人の世界を楽しんで下さいね。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ