二人で一緒に見るならコレ!おすすめ家デート映画3作

お家でデートと言えば「映画」は定番。でも家デートの映画選びほどデリケートなものもないですよね。選び方を失敗してしまうとせっかくの雰囲気も台無しになってしまいます。

そこで、家デートで楽しめるおすすめのデート映画をご紹介。

おすすめ1作目は『ハングオーバー!』

0120-130

「消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」というサブタイトルからもわかるように、バチェラーパーティ(独身最後の夜に新郎とその友だちが羽目を外す恒例行事)で花婿が消えてしまってさぁ大変。花婿を探し出すため、友人たちが奮闘するドタバタコメディです。

初めから最後まであり得ないことの連続、笑いっぱなしの作品なので、二人で一緒に見て盛り上がること間違いなし。

0120-128

この映画、公開当初はキャストも監督も無名で、日本では未公開だったのですが、公開を熱望するファンの署名によって日本での劇場公開が決定したという珍作。米国では当時のコメディ映画の興行収入を塗り替える大ヒットでした。

ただし、下ネタが多いので付き合って間もないカップルは要注意。『ハングオーバー2』はR-18指定ですので家デートではどうぞお気をつけて。

0120-129

おすすめ2作目は『永遠の僕たち』

0120-132

これは感動&恋愛系でおすすめできる映画です。 孤独な少年と不治の病の少女との恋を描く話です。よくある感動系のラブストーリーのように感じますが、この二人の恋は独特。少年だけに見える特攻隊員の幽霊も良い味出しています。

0120-131

ちなみに、この特攻隊員役は人気俳優の加瀬亮。 加瀬亮と言えばSPECシリーズのぶっ飛んだ「瀬文さん」の印象が強いですが、この映画ではその印象を大きく塗り変える演技を披露。改めて良い俳優さんだと実感できます。

ベースは恋愛映画なんですが、その恋の描き方が繊細。死を大きく意識した作品なのに、全編を通してなぜか暗くなっていないという不思議な雰囲気の映画です。 べたべた甘々な恋愛ものではないですし、山場も少なめなんですが、デートでまったりしたい時にはおすすめ。

0120-135

おすすめ3作目は『アザーズ』

0120-133

ホラーは鉄板ということで、ホラー映画から1作、家デートにおすすめの映画を選んでみました。 お屋敷で次々に起こる怪現象を軸にしたホラーです。

この映画はオチが秀逸で、そのオチが全てなので予備知識はなしで見るのがおすすめ。米国ホラーはグロイ表現やスプラッタが多いですが、この映画は静かな恐怖がひたひた忍び寄ってくる感じなのでそこは安心して見られます。

0120-134

ストーリー後半からの徐々に盛り上がっていき、ラストでキレイに落ちるので鑑賞後はびっくり・すっきり。

ホラー映画はドキドキを増幅させて二人の距離を縮めてくれますが、選び方を間違えると大変なことにもなることもあるので、デートの際には注意してくださいね。アザーズはよほどホラーが苦手な人でなければ大丈夫なはず!

ちなみにこの映画、主演のニコール・キッドマンがため息が出るほど美しいのでそこもおすすめのポイント。

1127-14

家デートでは二人の距離が縮まる映画、選びたいですよね。

関連記事としまして、「お家デートでもはずせない!DVD鑑賞のおすすめお伴」もどうぞ。お家でDVD鑑賞する際のおすすめアイテムをご紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ