映画トランスフォーマーにまつわる裏話 もっと楽しみたい方へ!

この映画はとにかく豪華!

0115-102
2007年初公開のアメリカ映画です。初回作品は、マイケル・ベイ監督、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮、総制作費150億円という豪華さ。それだけでもすごいのですが、公開2週間で興行収入は240億円に達しすぐに人気作となりました。

トランスフォーマーについて

0116-112

トランスフォームとは、形態が変化すること。あらゆるテクノロジーの発達により、この世界が誕生しました。例えば車がロボになったり、金属生命体が変化することで戦う物語。敵も味方もトランスフォーマー、こんな世界は嫌だ!笑
ジャンルとしては、SFアクションに分類されます。1980年代人気を博した日米アニメを合作したのが大元。(おもちゃはタカラトミーの製品です)

映画はその人気ゆえシリーズ化

0115-103
2007年公開 トランスフォーマー
2009年公開 トランスフォーマー リベンジ
2011年公開 トランスフォーマー ダークサイドムーン
2014年公開 トランスフォーマー ロストエイジ
実写化している作品はこの4つですが、紛らわしいことに?1985年公開『トランスフォーマー ザ ムービー』なんてものもあります。あくまでこちらは関連作品。トランスフォーマーとしては4作というカウントです。

トランスフォーマー映画製作裏話

0116-113

製作段階では、スティーブン・スピルバーグが監督も務めるはずでしたが、あまりにも製作に時間がかかることから、監督は別の若い監督に任せようということになり、マイケル・ベイが選ばれました。
トランスフォーマーたちの動きには、モーションキャプチャが使われておらず、全ての動きはアニメーター達の手作業によりつけられています。細かな作業が積み重ねられた映画です。

受賞歴

0115-104
2007年 視覚効果賞・音響賞(編集・調整)
これから公開のサマー・ムービー賞
2008年 作品賞・男優賞・ブレイクスルー演技賞
受賞歴からも、いかに視覚効果の高い作品であったかをうかがい知ることができます。是非劇場の大スクリーンで,,,と言いたいところですが、それは次回作に期待して。次回作が登場するまでの間に、今までの作品をおさらいしておきましょう。観たことがない方はなおさら。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ