映画ルパン三世!絶対に見逃せない、おすすめの3作!

2014年9月には小栗旬主演で実写版が公開されることで話題になった【ルパン三世】
長きにわたって日本の映画ファン・アニメファンを楽しませてくれる名作で、1978年に第1作目の劇場版が公開された非常に歴史のある、ある意味古い作品ですが、その人気は衰えを知りません。

0124-128

そんなルパン三世映画から、絶対に見逃せない、おすすめを3作選んでみました。

まず、おすすめ第1作目は『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』

0124-119
1996年に公開された劇場版第6作目(オリジナル劇場版では5作目)です。

数あるルパン三世映画の中からこの映画をおすすめする理由は、監督を原作者のモンキー・パンチが務めているから。原作者がメガホンを取っただけあって、画が最も原作に近いとして有名な作品です。

0124-120

ルパンは作品によって作画が大きく違うのですが、この作品ではルパンが非常に男くっさい感じで描かれているので、ルパン三世ファンの賛否も分かれるところ。でも、原作や初期のアニメファン、ハードボイルドが大好きという人には自信を持っておすすめできる出来です。

ストーリーも他の劇場版やテレビスペシャルよりもダークなので、大人におすすめしたいルパン映画ですね。

0124-127

おすすめ2作目は『ルパン三世 ルパンVS複製人間』

0124-122

これはルパン三世オリジナル劇場版の原点となる作品。対ルパンの悪役として「マモー」が登場し、賢者の石を巡って死闘を繰り広げるというのが話の大筋。

公開当時の1978年ではまだ非常に珍しい設定である「クローン技術」を取り巻くSFで、ルパン三世ではなく一つのSFアニメとして見ても十分に楽しめます。今見てもこの設定は秀逸で、劇場版ルパン三世の中でも最も引き込まれるストーリーになっています。

0124-121

作画に癖があり、またマモーのキャラクターがあまりにも強烈でかなり後を引く出来になっているのもおすすめする理由。昔からのファンにとっては懐かしい、また見たことのない人にとっては非常に新鮮で斬新なルパン映画です。

劇場版ルパンの原点となり、その方向性を決定づけた作品は一度は見ておくべきおすすめ映画です。

0124-124

おすすめルパン映画の3作目は『ルパン三世 カリオストロの城』

1127-07
かの宮崎駿氏が手掛けた、ルパン三世映画では最も有名な作品です。これをおすすめするかどうかはちょっと悩みました。

なぜなら、この映画はルパン三世というよりは宮崎駿作品だから。主役はルパンなのですが、ストーリーは従来のルパン三世に比べるとかなりファンタジック。

0124-126

それでもやっぱり、ルパン映画を語る上では欠かせない作品なんですよね。

宮崎監督のこだわりもあってアニメ作品としての出来はぴか一。キャラクターもみんな魅力的なんです。

映画のラスト、銭型警部の名言は現在でも語り継がれているほど!

0124-125
何度見ても飽きず、また古さを全く感じさせない、ルパン映画の最高傑作で、誰にでもおすすめできます。

ちなみに、今回おすすめしているのは全て劇場公開作品です。
テレビスペシャルやOVAの中から1作おすすめするならやっぱり『ルパン三世 ワルサーP38』ですかね!気になった人はぜひこれも見てみて!

0124-129

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ