「電気を消して観たい」おすすめ“洋画ホラー”5作

ホラー映画といえば、やはり楽しめる代表格は夏でしょうか?他の時期でも存分に楽しめますよ。冬はコタツに入りながら観るのがおすすめ!怖いシーンのとき、サッと布団で顔を覆えますからね。

本記事では、見応え抜群のおすすめホラー映画5選をご紹介いたします。

1.シャイニング

1224-01

急に人が出てきて、驚く!なんてことはないけれど、想像力をかきたてる怖さをもっています。 観終えた後も、背筋が凍るような思いをするかも。“想像”することにより、より怖さが増していきます。

「これぞホラー」という作品、おすすめです。

0319-107シャイニング

2.パラノーマルアクティビティ

たった135万円という映画にはありえない低予算で作成された映画。そんな低予算映画は、95億円をこえる興行収入をたたき出しました。

全世界を震撼させたこの映画、まだまだ新しい作品ですのでタイトルを覚えてらっしゃる方も多いのでは?姿が見えない相手に、あなたは恐怖することになります。

0319-103

3.サプライズ

0319-108サプライズ

家族10人で集まっていた時、何者かが侵入。何と奴らはヒツジやトラなどのふざけた覆面をかぶって、ボーガンなどを用いて襲ってきます。突然の恐怖、しかしやられっぱなしでいるわけにはいかないと、奴らに立ち向かうことを決めます。

グロい場面も多数、それにも耐えられる人は楽しめるおすすめ映画です。

0319-106サプライズ

4.ゾンビランド

アメリカ合衆国がゾンビ合衆国になる?!ホラー映画でありながらコメディ要素をもっている異色のジャンル映画。

ホラー好きの人も観れるホラー映画として知られています。 さまざまな感情をいっきょに味わうことのできる1本で、非常におすすめです。

0319-104ゾンビランド

5.ディセント

0319-105ディセント

日頃の人間関係に恐怖さえ覚えるホラー映画。複雑骨折を無理やり人の手で押し戻したりと、自分は痛くないのに痛いと感ずる…そんなシーンもある1本です。

何とこの映画、2もあります。怖い思いをしたはずなのに、2も観たいと思ってしまうそんな映画です。

0319-110

気になる女の子を誘って、お家デートでホラー映画鑑賞なんてベタすぎますかね?

別記事「ホラーを観たけりゃこれを観ろ!おすすめ邦画ホラー5作は邦画のホラー映画に限って作品を紹介しております。ホラーはやっぱり洋画より邦画のほうが怖いかも…。合わせて是非チェックを★

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ