絶対泣かないなんて、この映画を観てからにしませんか?ランキング5

みなさん、感動の涙を最後に流したのはいつだったか覚えていますか?

卒業式・結婚式・誕生日、自分を支えてくれる人たちがいるからこそ感動という感情は訪れます。感動と感謝はセットみたいなものですね。
それとは別に、綺麗な景色を見たから・心温まる情景を見たなんて時にも感動しますよね。

感動と言うとちょっと大げさかもしれませんが、映画でもそれに近いもの、味わってみませんか?

泣くってことは、悪いことじゃないんです。

・心のデトックス
・免疫力の向上
・ストレスの軽減、リラックス効果
・ドライアイの改善
・自分に正直になる

ストレスの軽減になるということは、健康や美容にも効果が表れるということ。それだけじゃなく、免疫力の向上など、実際に身体にも作用することがわかってきたそうです。

泣くことは、心身ともに良いことだったのですね。

なかでも映画を観ているとよく起こる“すすり泣く”という行為は、最も手っ取り早いストレスを軽くするの泣き方とされています。

感動映画ランキング!邦画編

1.世界の中心で、愛を叫ぶ

Crying_out_Love_s
2.余命1ケ月の花嫁

0126-129

3.南極物語

0126-121

4.BRAVE HEARTS海猿

0126-122

5.永遠のゼロ

0126-130

【ピックアップ】

0126-118

社会現象を起こした「世界の中心で、愛を叫ぶ」は上映から10年以上が経つ作品ですが、いまだに根強い人気があります。

人生の中でここまで誰かを愛することができたら、きっとそれだけでも幸福な人生なのだろうと思います。

愛する人と一緒に観たい、そして後世に伝えていきたい感動映画です。

感動映画ランキング!洋画編

1.I am Sam

0126-123

2.アルマゲドン

0126-124

3.ニューシネマパラダイス

0126-126

4.ショーシャンクの空に

0126-128

5.シンドラーのリスト

0126-131

【ピックアップ】

0126-125
ニューシネマパラダイスは、何度観ても泣けると定評のある映画作品です。

誰もが共感できる青春をたどったストーリー構成で、安心して観ていると最期にほろっとくる。そんな感動作に仕上がっています。

さいごに…

こちらのランキング5は邦画・洋画ともに、趣はそれぞれ違えど、どれも心にグッとくるものがあるので、気になった作品があればぜひ一度、手に取ってみてはいかがでしょうか。

誰かを思う気持ちや恋愛に関して泣きたいのであれば邦画、人間関係やあり得ないエピソードの中で泣きたいのであれば洋画をおすすめいたします。

ストレスを抱えることの多いこの世の中ですが、感動の涙を流し、少しでも心にゆとりをもてると良いですね。

みなさん独自の泣ける映画ランキングもぜひ教えて下さい。みなさんが素敵な作品とであえますように…★

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ