ボリウッドの世界へのいざない~インド映画のおすすめ

洋画の中でもインド映画に限ってご紹介する本記事。みなさん、インド映画といわれてすぐに思い浮かぶ作品はありますか?インド映画の特徴は、3時間を超える長編ものが少なくないという点。1度観ればボリウッドの世界に引き込まれること間違いなしです。

【ムトュ 踊るマハラジャ】

1223-05
“踊るマハラジャ”というフレーズに聞き覚えのある方も多いのでは?インド映画のなかでも最も日本で知名度の高い作品です。
映画館に居る人が、みんな声を出して爆笑するようなストーリー。「映画館ってこんなに声を出しても良いんだ!」「1人でDVDを観るよりも、映画館で他者と感情を共有しながら観るってこんなに楽しいんだ!」と思える1本で、映画館の良さを改めて痛感できる意味でも、おすすめしたい映画です。

【恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム】
この映画をきっかけに、ボリウッドの世界に引き込まれる人多発のおすすめインド映画。インド映画を観るならこれは外せません。歌って踊れるのに、ホラー要素も有る?!昼ドラ並みのドロドロ展開もある?!このめまぐるしさ、病みつきになります。

【きっと、うまくいく】

1223-08
ボリウッド映画=きっと、うまくいく だと思っている人もいるのではというほどのド定番映画。インドの社会問題を背景にもってきているので、ストーリーに深みのある作品です。伏線の回収の仕方も見事。170分の長編です、しっかりと時間のとれるときに観ることをおすすめします。

【マッキー】
死後に幽霊となって生き還る作品が日本には多数存在しますが、こちらは生き還ったらハエになっていたという作品。ハエになっちゃうところが何ともインド映画らしい選択ですね。虫嫌い、ハエ嫌いの人でも途中からハエの味方をしたくなってしまう、そんな作品です。虫嫌いを克服したい人に、おすすめしてあげてください!

1223-09

上記作品は、まだインド映画を観たことがない人にもおすすめできるか否かを選定基準に選びました。どれも日本の作品に比べると長編ですが、最後まで飽きることなく観続けることができます。ボリウッドの世界にハマったら、是非次はお友達に紹介してあげてくださいね。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ